日本の化粧の歴史と女性がメイクをする理由を教えます。 TOP > メークで自分を表現することもできます

メークで自分を表現することもできます

お化粧には社会学的意味もあります。 お化粧を通して自分を表現する、ということです。 好きなモデルにならって、そのモデルと同じメークをしたり、同じ化粧品を買ったりすることもあります。 また、好きな人に会う時に、その人の好きなメークをすることもあります。 特に目標とする人がいなくても、自分の好きなメークをしたりすることで、自分を表現することもできるのです。

そういう意味でも、様々な化粧品やメーク方法を知り、その時の自分に合ったメークをして自己表現するのも、お化粧の一つの楽しみだと思います。 忙しいとお化粧がマンネリ化してしまったりすることもありますが、大切な会議のためにお化粧もいつも以上に気合いを入れてしたり、久しぶりにいい天気になって気持ちがいいからチークも明るめに入れてみたり、することもできます。

そうすることで周囲も、その時々の気分などを知ることもできます。 いつも同じカラーや同じメーク道具、同じメーク、という方も、たまには違う色や違う道具、違う方法でメークをするのも素敵だと思います。